マラパスクア島 – ウミウシ天国

| 2012年11月14日 | 0 Comments

マラパスクア島(Malapascua Island)はオナガザメだけではなく、マクロ天国でもあり、その中でも特にウミウシの種類が豊富です。インドネシアのレンベやラジャ・アンパットでもかなりウミウシは見てきましたが、ここではまた違った珍しい物が見る事ができました。

IMG_2702

 

ガトー島(Gato Island)は特に珍しいウミウシが生息しているのですが、下の写真のウミウシはウミヘビのように体をくねらせて器用に泳ぐ事もできます。

IMG_2643

 

水中写真を楽しむ上で一番写真の被写体にしやすいのが動きの遅いウミウシですね。ただ焦点を合わせるのが結構難しかったりします。特に潮の流れが強い場所では触覚が揺れるため、結構微妙にピンぼけしたりと簡単なようで奥が深いのがウミウシ写真だと思います。

IMG_2659

ワーム系もいっぱいいます。ガトー島(Gato Island)は比較的狭いエリアに多種多様なウミウシなどマクロ系が多数いるのでマラパスクア島に来た際は是非日帰りツアーに参加して下さい。

IMG_2664

Category: ダイビング, マラパスクア島

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *