ブナケン島のダイビング

| 2010年5月7日 | 0 Comments

ブナケン島周辺は底なしドロップオフとなっており、ウォール+ドリフトダイビングが主流となります。時間帯、ポイントによっては結構カレントが強いので、中世浮力に自信のない初心者にはきついかもしれません。ブナケン周辺は非常に多種多様なサンゴ礁、そしてそこに集まる様々な魚たちがマクロから大物(ナポレオン、イーグルレイ、海がめなど。海面にてイルカに遭遇することも。)までおり、飽きることにないダイビングを体験できます。

IMG_2301

熱帯魚と多様な珊瑚に彩られた水中環境

 

一面がテーブル珊瑚に覆われています

一面がテーブル珊瑚に覆われています

 

ブナケン島のダイビング

ブナケン島のダイビングポイントの多くは全てボートで30分以内のポイントとなっております。基本的に小さなボートでの移動となります。トイレが付いていないボートがほとんどのため、トイレは海で用を足すか、船長にお願いして、リゾートに戻ってもらう事になります。1日の予定はだいたい以下のようになります。

時間 予定
07:00 朝食
08:00 1本目
ボートで休憩
10:30 2本目
12:00 リゾートで昼食
14:00 3本目
リゾートで休憩
17:30 4本目(オプション)
19:00 リゾートで夕食

 

Category: ダイビング, ブナケン島

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *