マイフレックスの中圧・高圧ホース

| 2014年1月25日 | 0 Comments

ダイビング器材の軽量化を常日頃考えているのですが、今回はマイフレックス(Miflex)のエクストリームホース(Xtreme Hose)を導入しました。この中圧・高圧ホース、軽量化が目的というよりもむしろ実用性の向上が目的です。

名前の通り、とにかく柔軟性に優れ自在に曲がります。そして、通常のゴムホースに比べると軽量でもあります。レギュレーター周りの軽量化と言えば、第一ステージをチタン製にするのが手っ取り早いですが、これは料金が嵩みます。

 

海外ならば半額以下

日本のお店で購入すると1万円近くしますが、diveinn(日本語対応)であれば、3,000円前後で購入出来ます。それにしても日本のショップの値段は相変わらず高いですね。購入意欲が失せます。

Miflexの中圧・高圧ホース

Miflexの中圧・高圧ホース

とにかく使いやすい

ホースが柔らかいので水中で口元に抵抗を感じる事がほとんど感じません。また収納の際もコンパクトにまとめる事が出来るので便利です。高圧ホースに関しては通常のホースの半分ぐらいの細さです。

収納もコンパクト!

収納もコンパクト!

耐久性も強い

ゴムホースの場合、経年劣化があり第一ステージに近い部分では裂傷したりしますが、このホースに限ってはそんなこともありません。

 

交換は自分でも可能

ホースの交換は自分でも可能です。レギュレーター、オクトパス、BC用ホースは簡単です。本当にただ外してつけるだけ。残圧計で利用する高圧ホースはちょっとコツとだけやっかいですが、自分で出来ないこともありません。万が一心配な方は定期メンテナンスに出す前に交換すると良いでしょう。ショップはメンテナンスする際に一度全部ばらすので、万が一のことがあっても彼らがちゃんとつけ直します。後は海外のダイビングショップであれば、潜る前に器材を取り扱っているスタッフにお願いすると確認してくれますよ。

 

Category: ダイビング, マイフレックス, 器材

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *