ブナケン島 – Bunaken Island –

| 2010年5月4日 | 0 Comments

ブナケン島は海底周辺は底なしのドロップオフとなっており、ウォールに沿ってドリフトダイビングをすることが基本となります。ウォールには多種多様な珊瑚、海藻が生息しており非常に海洋環境に富んだポイントとなっています。

ブナケン島は国立公園に指定されているため、入園料としてRp.150,000(1500円程度、1年間有効)支払う必要があります。リゾートからバッジが渡されます。ダイバーは滞在中このバッジをBCDにつけてなければいけません。

島の周囲はマングローブに囲まれています。

島の周囲はマングローブに囲まれています。

マナドへの行き方

ブナケン島に行くには玄関口となるマナドに行く必要があります。マナド空港へ行くには大きく3通りの方法があります。私の一番のオススメはシンガポール経由です。シンガポールからはシンガポール航空傘下のシルク航空が隔日で運行しています。お昼にはマナド空港に着くため、その日の夕方前にはリゾートに到着する事が可能です。

デンパサール経由、ジャカルタ経由はほぼ毎日運行があり、しかも複数便出ているため、日程が厳しい人にはオススメかもしれません。ガルーダインドネシア航空はオンラインで予約可能ですが、その他航空界者は旅行代理店(Travelindo)経由での予約となります。

往路

出発地 航空界者 運行日程 出発時刻 到着時刻
シンガポール Silk Air 月、水、金、土 09:25 13:05
デンパサール Lion Air 月 – 土 18:30 22:10
ジャカルタ Lion Air 月 – 土(1日6便、マッカサール経由) 08:15 14:05
Garuda Indonesia 月、火、水、木 08:25 14:20
月、火、水、木 10:55 15:15
月、火、水、木 18:10 22:30
Batavia Air 毎日(この他の1便乗継便あり) 08:40 12:55

※1日複数便がある場合は主な1便の出発時刻、到着時刻のみ掲載

 

復路

到着地 航空界者 運行日程 出発時刻 到着時刻
シンガポール Silk Air 月、水、金、土 13:50 17:05
デンパサール Lion Air 月 – 土 18:30 22:10
ジャカルタ Lion Air 月 – 土(1日6便、マッカサール経由) 08:15 14:05
Garuda Indonesia 日、月、水、木 06:20 08:25
日、月、火、水、木 15:05 18:50
日、月、水、木 16:05 18:10
Batavia Air 毎日(この他に1便乗継便あり)  13:30  15:35

 

マナド空港からブナケン島まで

ブナケン島はマナド本土を中心にすると北西に位置する小さな島です。マナド空港から車で30-45分程移動して港まで行き、そこからリゾートのボートで30分移動すると島に到着します。マナド空港からリゾートまでの移動は基本的にリゾートが全て用意してくれます。

 

オススメダイビングリゾート

私が滞在した Two Fish Divers はイギリス人経営のDiver Resort。とても明るいオーナー夫婦と優しいインドネシア人たちが迎えてくれます。利用客は欧米人が中心。周囲がマングローブに囲まれておりちょっと隠れ家的な静かな場所です。建物は比較的新しく、また清掃も行き渡っているためきれいなのに、値段が超割安。部屋の種類もBudget、Standard, Superior と3種類あり、予算に合わせて選択可能。長期滞在者、ダイブマスターは割引あり(要事前通知)食事はリゾート併設のレストランでインドネシア料理をバイキング方式で皆と一緒にとります。1つの島で皆で暮らすので自然と仲良くなりますよ。

Twofish Diversのリゾート

Twofish Diversのリゾート

3泊4日 3食付 + ボートダイブ4本込(午前中2本x2日)で以下の値段です。

  • Budget Room 123 EURO = 約15,500円
  • Standard Room 141 EURO=約17,500円
  • Standard Cottage 146 EURO=約18,000円
  • Superior Cottage 161 EURO=約20,000円

※到着日と出発日のダイブは基本的になしだが、もちろん応相談。

※3本目のダイブは追加で20 EURO、ナイトダイブは25 EUROです。

※その他日程の料金はこちらで確認して下さい。

Budgetはシャワー・トイレが共有となります。Standard, Superior は広さの違い。ファンとシャワー・トイレはあります。RoomとCottageの違いはRoomの場合はアパートの1室みたいな感じで、Cottageは戸建です。島の夜は涼しいのでエアコンははっきり言って不要です。

Two Fish Divers のモットーが小さなグループでのダイビングなので、1ガイドに付き最大で3人のダイビングとなります。基本的には現地インドネシア人のダイバーがガイドをします。とにかく様々なポイントを熟知しているので、是非現地ローカルダイバーと潜ってください。通りすがりの出稼ぎダイバーとは全く違います。

Tags:

Category: ダイビング, ブナケン島

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *