スントD6のその後…

| 2010年6月4日 | 0 Comments

d6

5月初めにスントフィンランド本社カスタマーセンターとのやり取りの末、フィンランドに送れば無償修理されるということなので、フィンランドに送ることにしました。

送料は国際EMSで送ってたったの1,500円。

日本の不親切な代理店による見積もり7万円に比べれば微々たるもの。

郵便局の人曰く、3,4日で到着するということだったのですが、確かに3,4日でフィンランドに到着したのですが、向こうの税関で何と1週間以上足止めを食らい、結局スントのサービスセンターに到着するのに約2週間。

実はカスタマーセンターからメールで税関用のドキュメントが添付されてきます。その書類には送付品に金銭的な価値がないこと、修理品であることが記載されております。そのドキュメントをプリントアウトして添付しないといけません。

私の場合、同封したのが問題だったのかもしれません。開封せずとも見れる場所に工夫して添付するのが良いと思います。

結局、税関で足止め1週間以上たった後、スントのカスタマーセンターに連絡を取り、事情を説明すると連絡をしたら、「税関に連絡を取って取りにいく」と回答来ました。この辺、想像以上に親切な対応をしてくれます。

その後、無事スントサポートセンターへ配達完了し、さらにそこから2週間・・・。

メールで進捗情報を尋ねると、「修理完了したので、今日か明日には発送します。」

よかった・・・。

ってことで後は無事手元に戻ってくることを祈るのみです。

Category: スント, ダイビング

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *