【注意】東京荒川マラソン直前中止。新手の詐欺か!?

| 2014年12月20日 | 2 Comments

明日、12/21(土)に行われる予定だった荒川マラソンがなんと直前の19日になって道路使用許可申請を行っていないとの理由で中止になりました。とてもキナ臭い感じがするので記事にしてみました。

Yahooニュース:<荒川マラソン>直前中止 主催者、道路使用の申請せず

荒川マラソン

参加予定者から江戸川区に問い合わせの電話があり、江戸川区も公式の発表を行っております。

江戸川区

 

12月21日(日曜日)に予定されている標記大会につきましては、参加希望者から問合せをいただきましたが本区の事業ではありません。
詳細は、主催者にお問い合わせください。

なお、会場となっている平井運動公園を管理する「公益財団法人 えどがわ環境財団」ならびに河川敷管理者である「国土交通省荒川下流河川事務所」に確認したところ、当日の会場利用申請はされておりません。

大会ホームページでは参加費の返金を行うとしているが甚だ怪しいのである。

参加費に関しましては、runnetの手数料含めて、振込にてご返金させて頂く所存です。
返金の為、大変お手数では御座いますが、下記項目のご連絡をお願い申し上げます。
(複数人をまとめて一つの口座へ返金希望の際は、人数分の参加者名の記入をお願い致しま
す)

参加者名:
銀行名:
支店名:
口座種目:
口座名義(カタカナ):
口座番号:
エントリー金額:

尚、大変恐れ入りますが、上記項目のご連絡方法は、FAX・メール・郵送の何れかでお願い
致します。

また、ご返金時期は1月中旬から同月下旬頃を予定しております。
お時間を頂き申し訳御座いませんが、ご理解賜ります様、お願い申し上げます。

主催者とされる任意団体の黎明。代表者名が桃原時宗となっております。なかなか源氏名っぽい代表者名ですね。

黎明

 

そして、連絡先とされている住所は振込め詐欺などでも利用された実績のあるヴァーチャルオフィスです。

【連絡先】
MAIL:arakawamarathon@atdawn.tokyo
FAX:03-6733-7955
住所:〒170-0005
東京都豊島区南大塚2-11-10 ミモザビル3階

そして、大会ホームページに利用されているドメインatdawn.tokyoを調べると登録者名が「MORIYA MOMOHRA」と違う桃原(スペルが間違ってますが)が登場し、しかも登録住所が「大阪府箕面市彩都粟生南6丁目8-3」となっております。ヴァーチャルオフィスの住所と全然違いますね。また取材に応じたのは杉本貴文さん(30)となっておりますが、杉本高文=明石家さんまの本名となり、これまた源氏名の可能性大です。

Domain Name:ATDAWN.TOKYO
Domain ID:GMOREGISTRY-DO186691
WHOIS Server:whois.nic.tokyo
Referral URL:http://nic.tokyo
Updated Date:2014-11-28T03:59:43.0Z
Creation date:2014-09-26T13:07:28.0Z
Registry Expiry Date:2015-09-26T23:59:59.0Z
Sponsoring Registrar:GMO Internet, Inc.
Sponsoring Registrar IANA ID:49
Domain Status:ok http://www.icann.org/epp#ok
Registrant ID:15981FC9FAA55F
Registrant Name:MORIYO MOMOHRA
Registrant Organization:MORIYO MOMOHRA
Registrant Street:Saitoaominami6-8-3-102
Registrant City:Mino-shi
Registrant State/Province:Osaka
Registrant Postal Code:562-0028
Registrant Country:JP
Registrant Phone:+81.08085010056
Registrant Phone Ext:
Registrant Fax:
Registrant Fax Ext:
Registrant Email:

ちなみに「MORIYA MOMOHARA」という人は「古の嵐山ハーフマラソン実行委員会」という大会運営者として登場してきます。こちらの大会は実際に催行されたみたいです。(評判は最悪の部類になっておりますが。) 嵐山の大会として大阪の人の名前が登場するのは良いですが、こちらは東京荒川ですからね。推測するにこちらの大会の情報などを模倣したのではないかと。

怪しい点

  • 過去に開催実績なし
  • 定員が各種目1000人と種目の多さの割に異常に多い
  • 定員は多いのに締切が12月1日までと遅い
  • ゼッケン、参加者通知などなし
  • ボランティアの募集を行っていない
  • 大会申込者の個人情報の取扱いは、別途記載する個人情報保護方針に則ります。“とあるが、別途記載がない
  • ホームページが稚拙すぎ
  • 登場人物の名前が偽名っぽい
  • 主催団体の住所が振り込め詐欺で使われた住所
  • ドメインの登録住所と事務所が別々
  • ドメインの登録日が直前過ぎ
  • 返金に際して電話による問い合わせは受け付けず

以上の点から、マラソン人気に便乗した新手の詐欺の可能性があると思います。こんな怪しい主催者に銀行の口座番号を教えると二次被害の可能性が否めません。なぜならランネットからすでに氏名、生年月日などの個人情報が渡されているからです。数千円の参加費は惜しいですが、焦らず様子見して下さい。誠意ある主催であれば、改めて公式発表があるはずです。今回のようにホームページだけによる簡易的な発表で終わらせるのであれば、このままお金と個人情報を集めて逃げる可能性大です。

関連記事:【続報】東京荒川マラソン、主催者が会場に!

Category: マラソン

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *