SIMフリーの利点はドコモだけではない。

| 2012年12月20日 | 0 Comments

SIMフリーiPhoneを利用するとドコモのネットワークを使えるということが利点であるが、実はそれだけじゃないのである。

私は海外旅行、海外出張が多いのだが、その時に国際ローミングをしなくても、現地にてプリペイドSIMカードを購入すれば、現地の価格でデータ通信が利用可能なのである。

simcard

国際ローミングなんて毎日使ったら、破産します。ソフトバンクの海外パケットし放題は1,980円/日(25MB以上は2,980円/日)です。月1,980円ではありません。1日1,980円です。孫さんは「海外で使われれば使われるほどソフトバンクが破産する程の価格だ」と低価格を主張してますが、その前にこっちが破産してしまいます。1週間がっつり使ったら、それだけで21,000円です。冗談じゃありません。

だから、今まで私が海外出張、海外旅行に行くときは必ずデータ通信のローミングは「オフ」は当然ですが、基本的には機内モードをオンにして、無線LANだけを「オン」にするという方法を取っていました。そのため海外にいるときiPhoneを利用できるのは空港、レストラン、ホテルなど無料の無線LANがある限られた場所のみでした。海外のホテルはほとんど無線LANが利用できますが、部屋によってはほとんど電波が届かないなんてことが頻繁にあります。ダイビング旅行のために離島に行ってしまうと宿泊するバンガロー、部屋に無線LANが届くことはまずありません。そのような状態で現地携帯キャリアのデータ通信が使えるのは心強いですね。プリペイドSIMカードは国によって値段も様々ですが、東南アジア諸国では1日100円ちょっと、1ヶ月1500円程度だったりします。間違いなく国際ローミングによりは圧倒的に安い値段で利用可能です。

ちなみに日本でプリペイドSIMカードを提供しているのはソフトバンクだけになります。日本ではプリペイドSIMカードが犯罪に使われることを嫌って余り普及していないのですね。

年末年始に東南アジアへ旅行へ出かけるので、滞在先のプリペイドSIMカードのレポートは帰国後ここで投稿しようと思います。

Category: iPhone, SIMフリーiPhone

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *