SIMフリーiPhoneでdocomo WiFiを利用する

| 2012年12月15日 | 0 Comments

moperaUスタンダードプランに契約した人はdocomo WiFiが永年無料で利用できます。ドコモショップの店員の気が利かないとdocomo WiFiオプションが追加されていない場合があるので、必ず追加してもらって下さい。オプションをつけるとmopera.netの管理画面にてSSIDとWEPのパスワードが確認できます。

ソフトバンクWi-Fi同様のエリアでほとんど利用できます。ドコモだけが優れている場所が特にあるというわけでもないと思います。但し、ホームページを確認するとセブンイレブン、イトーヨーカドーとかどういうシチュエーションで無線LANを使うのか想像がつかない場所に設置されているのがさすがドコモといいましょうか。。。

ソフトバンクWi-FiですとソフトバンクからiPhone用の設定プロファイルが用意されているため、簡単に設定ができますが、ドコモからiPhone用にそんなものが提供されているわけはなく、手動で設定となります。

 

設定の前に

1. SSIDとWEPキーを確認

moperaUの管理画面にて確認して下さい。SSIDはdocomoWEPキーは英数字の文字です。

2.ユーザ名とパスワードを確認

ユーザ名はmoperaにログインする際の(ユーザ名)-mopera@docomo、パスワードはmoperaにログインするときのパスワードです。moperaにログインする際のユーザIDがcrimsongroveであれば、crimsongrove-mopera@docomoがユーザ名となります。

 

設定方法1

オーソドックスな方法は無線LANに表示されている「docomo」のSSIDを選択して、WEPキーを入力することです。このあと、ログイン画面が表示されますので、そのログイン画面にユーザ名とパスワードを入力します。このときユーザ名とパスワードは保存しておいて下さい。そもないと毎回聞かれて面倒なことになります。また保存した場合は30日間のみ保存ですので、それ以降再度聞かれることになります。正直、面倒臭いです。

 

 

設定方法2

これが一番無難な設定方法でしょうか。表示されている「docomo」のSSIDを無視して、「その他」から手動で「docomo」とSSIDを入力します。セキュリティとしてWPAエンタープライズを選択して下さい。ここでユーザ名は上で紹介した「(ユーザ名)-mopera@docomo」、パスワードはmoperaログインのパスワードです。これらが完了してアクセスポイントにログインしようとするとWEPキーの入力を求められますので、ここでWEPキーを入力して下さい。これならば、一度WEPキーを入れれば、以後の入力は必要なしです。そのかわり、無線LAN接続情報を削除した場合は再度一から入力し直す必要があります。

 

設定方法3

ソフトバンクが提供しているようなプロファイルを自分で作成しちゃいます。これを使ってインストーすると何もせずとも自動的にログイン可能になり大変便利です。プロファイルの作成方法ですが、iPhone構成ユーティリティというのをPCにダウンロードします。このアプリケーションを利用してプロファイルを作成します。面倒ではありますが、難しくはありません。iPhone構成ユーティリティを使ったプロファイルの作成は次回の投稿に記述します。

Category: iPhone, SIMフリーiPhone

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *