SIMフリーiPhone4Sをドコモで使ってみて

| 2012年12月27日 | 0 Comments

SIMフリーiPhone4Sを使ってみて、ソフトバンクiPhoneとの違いを感じてみたことを言います。

iphone4s_image

1. 電波(都心部利用)★★★★☆

電波の入りはソフトバンクよりやっぱりいいです。特に地下鉄や建物内で違いが出ると思います。あ、こんなところでも電波って入るんだって思いました。しかし、純正のドコモ携帯に比べるとSIMフリーiPhoneは掴める電波が少ないため、純正ドコモ携帯よりは安定性に欠ける気がします。実際、アンテナの表示が1本から5本の間を頻繁に推移します。ただ、圏外になることが少ないです。ソフトバンクの場合は5本か圏外の表示ぐらいしか見ないので、むしろ本当に5本なのかい?って疑いたくなることもありましたが。

 

2.音声通話(都心部利用)★

これが一番違いを感じました。ソフトバンク時代は建物内を通話しながら歩いていると頻繁に通話が切れたり、一時的な通話不能状態に陥っていましたが、ドコモにしてからはそんなことはなく、歩きながら軽快に通話ができるようになりました。声も圧倒的にクリアに聞こえます。電話って本来こうあるべきなんだなって思いました。

 

3. データ通信(都心部利用)★☆

常時軽快な通信速度を期待したのですが、なんだかんだでドコモはユーザ数が圧倒的に多いためか、帯域が飽和しているのかもしれません。思ったほどの違いは感じられませんでした。ソフトバンクも都内中心部ではそれなりに基地局増設しているので、都内で違いが出るのは難しいのかもしれませんね。また、電波にところにも書きましたが、安定性がやや欠ける点も起因しているかもしれません。地方へ旅行へ出かけた時に違いを感じると思うので、それは別途報告致します。

 

4. ドコモメール ★☆☆

最初しばらくはiMoGetterを利用していました。一番手っ取り早いのですが、Pushしないのと、添付ができないのと、絵文字が表示されないのととかで色々と不自由なので、結局imotenを利用することにしました。imotenについては後日の投稿で詳しく説明しますが、普通の人(ITには詳しくない人)には敷居の高い代物です。iMoGetterの利用を前提とするとかなり携帯メールには不自由が出ると思って下さい。ちなみにimotenを利用し始めるとその不自由は解消され、むしろ便利さが増します。

 

5. 無料無線LANスポット ★☆☆

ほとんどソフトバンクの無料無線LANスポット設置箇所に違いはありませんが、強いて違いをあげるとするとドコモは著名な場所、店舗にはあり、ソフトバンクは著名な箇所に加えて、意外なところにもあちこちにある印象があります。ドコモの無線LANスポットも先日の投稿で書いた通りプロファイルを作っていしまえば自動で接続するのですが、どうもスポット、スポットで繋がりにくい印象があります。

 

6. 利用料金 ★☆☆

気になる月額のお値段ですが、前回の投稿に書いた通りです。ソフトバンクとそんなに違わないかと思います。私は端末持ち込みMNPという勿体無いことをしてしまったのですが、例えば、今流行のGalaxyIIIとかをMNPで購入して、端末はヤフオクで売って現金化。それでもドコモから月々サポートをもらい続け、なおかつXiにねんを1年間無料で利用するという大きなチャンスを失いました。。。今後ソフトバンク、auからMNPを考えている人はこれをした方が特でしょう。。。

 

7. おすすめ度 ★☆☆

以前の投稿で述べたとおり、iPhone5はドコモのFOMAプラスエリアに対応しておりませんので、ドコモでiPhoneを利用することを考えた場合、iPhone4Sが最良となります。ドコモの電波を使える利点がある反面、純粋なドコモのサービスを全て受けることができないという欠点もいくつかあります。特にドコモメールに関してはimotenという便利なツールがあるものの、普通の人には敷居の高い代物です。国内の利用だけを考えてSIMフリーiPhoneを持つのははっきり言ってあまり意味が無いのかなって思います。海外に頻繁に出かける人がプリペイドSIMを利用して滞在先でも自由に使いたいということであれば、SIMフリーiPhoneをおすすめします。

 

Category: iPhone, SIMフリーiPhone

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *