ドコモからiPhone5Sは発売されるのかを検証

| 2013年3月28日 | 0 Comments

iPhone5S(仮名)が発売される噂が出てくると、必ず出てくる噂が「ドコモからiPhoneが発売されるのか?」です。何となくなくですが、そろそろ本当にあるんじゃないかなって気がしてきました。

iphone5

ドコモメールのリリース延期

ドコモがスマホ対策として一生懸命取り組んでいるドコモメールがまたもリリース延期になりました。しかも今回は無期限延期です。リリースされるかもわかりません。システムの問題というよりはiPhone導入を見越した抜本的な変更を加えているのではないでしょうか?

iモードもさておき、とにかく評判の悪いspモード。そしてその改善のためにリリースする予定だったドコモメール。spモードもドコモメールも通常インターネットで使われている標準技術を使っていないため汎用性にかけます。まして、iPhone導入となれば、システム変更は必須です。

 

ソフトバンクがやたらと電波改善を強調

最近ソフトバンクのCMが兆候がかわりました。電波改善をとにかく強調しています。ソフトバンクは電波が悪い、音声通話の品質が悪いのが評判ですが、それが改善されたと強調してきます。その真意は不明ですが、イーモバイルの買収も然り、来るドコモiPhone発売のXデーに備えて布石を打っているとも思えます。ソフトバンク、auのiPhoneユーザでドコモから発売されればドコモにMNPをと考えている人は相当数いるはずです。実際、auからiPhone出て、auに流れていった人も相当数いますね。ただし、私はauも通話品質は悪いと思いますが。

 

Blackberryがなくなったドコモ

先日、ブラックベリー社から最新OSのBlackberry10が発表されましたが、この最新OSであるBlackberry 10が日本語対応しない、日本での発売予定はないと発表されました。法人販売で圧倒的な強みを持っていたBlackberryが日本で販売できないことで、ドコモは法人固定客を失う事になります。Blackberryは一度導入すれば、黙っていても次から次へと機種変更、新規購入がある美味しい端末だったのですが、それがなくなります。現在のAndroid端末でBlackberryに変わる端末は存在しません。Androidは法人利用にするにはセキュリティ問題、OSのアップデートの遅さ等が多すぎるからです。そうなるとやはりiPhoneをとなるのではないでしょうか?

 

800MHzの周波数帯域が認可

iPhone5が先日ドコモが利用する800MHzの帯域の使用認可を通過したようです。この帯域は世界中でみてもドコモしか利用しないため、明らかにドコモを意識した申請であります。ただし、国際ローミングでドコモを使えるようにするためとの可能性も否めません。

 

お互いに落ち目

ドコモがアップルと話し合いをしていることは間違いないと思います。今までは強気なアップルの無理な要望にドコモ側が難色を示す状態が続いていたと思います。しかし、iPhone発売以降MNPでユーザを失い続け失速しているのドコモだけではありません。かつては株価が700ドルを超え、時価総額52兆円もあったアップルもここ最近サムソンのGalaxyにシェアを奪われ、株価も470ドル程度とかつての勢いをすっかり失っています。アップルとしても新しい販路が欲しいのは間違いないと思います。お互いの妥協点がだいぶ近づいているような気がします。

 

これからの要件からドコモがiPhoneを発売する日は急速に近づいているのではと考えるのは自然な事ではと思います。

Category: iPhone

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *