【悲報】ソフトバンクの新定額サービスがガクブルな件 ((((; ゚Д゚)))

| 2014年1月25日 | 0 Comments

ソフトバンクが音声通話も定額制の新サービスを発表しました。お、ついに日本も音声通話も定額制になったかと期待して詳細を見ましたが、さすがソフトバンクです。自分たちが損するサービスは絶対に提供しませんね。

以下、ソフトバンクのプレスリリースからの抜粋です。

  Sパック Mパック Lパック
国内音声通話 3分以内/月50回まで 5分以内/月1,000回まで
パケット通信 2GBまで 7GBまで 15GBまで
月額利用料 5,980円 6,980円 9,980円
※ソフトバンク・他社携帯電話、固定電話などへの国内音声通話がサービスの対象となります。
※専用基本料、S!ベーシックパックの月額利用料が別途かかります。
※国内音声通話の超過分は30円/30秒の通話料がかかります
※国内パケット通信の超過分は、Sパックは250円/100MB、Mパックは125円/100MB、Lパックは100円/100MBの通信料がかかります。また、超過しても通信料不要で128kbpsの低速通信がご利用いただけるオプションサービス(月額300円)をご用意します。

 

1回の通話は3分以内か5分以内

1回の通話はSパックならば3分以内、M・Lパックならば5分以内と1回の通話時間に制約があります。この制限時間を超えた場合、なんと30円/30秒の通話料がかかります。ホワイトプランの通話料が20円/30秒であることを考えるとそれよりも高い通話料です。3分で終る通話なんてほとんどないので、Sパックはあり得ません。5分でも友人とのんびり通話は出来ません。無料通話にしようと思えば、5分おきに通話を終了しないといけないからです。

 

ホワイトプランのソフトバンク同士は無料もなくなる

このプランに加入するとホワイトプランから外れるのでソフトバンク同士の通話も3分か5分以内は無料、それ以上は30円/30秒となります。場合によっては大損になる可能性もありますので要注意です。

 

定額とは名ばかりの実質従量課金サービス

定額サービスというのは本当にその金額だけでそれ以外の料金はかからないのが定額サービスだと思います。しかし、3分か5分以内は無料というだけであって、超過分通話料の30円/30秒の方が問題です。こっそりとホワイトプランの通話料よりも5割も高く設定されているところに恐ろしさを感じます。

新定額サービス ホワイトプラン
30円/30秒 20円/秒
60円/分 40円/分
3,600円/時間 2,400円/時間

 

この他に別途基本料金がかかる

上の金額が全てではありません。別途基本料金として980円(2年契約の場合)がかかります。Mパックが現実的な契約と思えますが、6,980円+980円=7,960円+超過通話料(30円/30秒)となります。全然安くないですね。
  2年契約(自動更新) 通常契約
月額利用料 980円 1,960円
  ソフトバンクWi-Fiスポット 無料 無料
テザリングオプション 無料 無料

ソフトバンクにはやはり失望

ソフトバンクの今回の新サービスには大変期待していましたが、詳細を見て失望しました。やはり儲け主義だなと。スプリントの買収、そしてTモバイルの買収案すらあるので懐事情が相当厳しいから、彼らが売上げを減らすサービスを提供する訳がありませんね。

もう一度原点に立ち返り、公共サービスの視点から現在の携帯電話事業に風穴を空ける業者が出てきてくれない物でしょうかね。。。

Category: iPhone

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *