格安SIMは本当に得か計算してみた

| 2014年9月13日 | 0 Comments

iPhone6の発売が発表されましたね。これを機にMVNOに乗り換えてみようと考えている人は多いのではないでしょうか?しかし、今解約すると違約金が。。。と思い切った決断が出来なかったり。

ドコモ、ソフトバンク、auの3社共に通話定額の料金プランを引っさげ、MVNO対策も万全のようです。しかし、日本通信を始めとするMVNO事業者も負けておりません。さらなる値下げを行って攻勢をかけています。

ドコモ、ソフトバンク、auで購入する場合、月々割の特典により、端末料金が実質無料となります。この「実質」という言葉が実に功名なんですけどね。一方、MVNO事業者を利用する場合、アップルストアから端末を購入しないといけません。

何万円もするiPhone6の機種代金を払えない。だから、大手3社の月々割りを利用しようかなと考えている人のため、分かり安く表を作成しました。

iPhone6 Table

iPhone6に機種変更した場合の大手3社と日本通信の利用料金を比べてみた

 

※1 出来る限り同じ条件での比較をしましたが、大手3社は三つ巴なのですが、MVNO事業者は微妙に違いますので、完全な比較にはなりませんのでご了承下さい。

※2 日本通信の料金にはアップルから購入した場合の端末代金を加算しております。

 

端末代金回収は2年目から

MVNOを利用した場合、初年度に関してはどのデータ通信量におていもトントンぐらいです。しかし、2年目から徐々に差がつき、最終的には数万円も得する事になることがわかりました。また、データ通信量が多ければ、多いほど、iPhone6の金額が高ければ、高いほど、MVNO事業者が得である事がわかります。これだけの金額差がつくとなると、違約金を払ってでもMVNO事業者に乗り換える意味があるとわかりますね。

長電話はほとんどしない、データ通信がメインの人は間違いなくMVNO事業者に乗り換えた方が得です。8GBの契約ともなると、2年間の利用で7万円以上も差がつきます。この差額で新しいiPhoneがまた買えてしまいますしね。

 

 実際は5GB契約になるのでは

大手3社のプランの料金を見て、毎月7,000円以上の金額を支払うのは家計の負担なのではないでしょうか。節約しようとして最安である2GBを選択しても、果たして2GBで足りるのかという疑問が残ります。

私の場合、月のデータ通信量が2GBに収まる事はほとんどありません。毎月2~3GBの間です。動画などは利用しませんし、アプリのアップデートなどのダウンロードも行いません。ウェブサイトの閲覧、メール、ゲームなどはそれなりに利用します。それでも家、オフィス、駅、飲食店では無線LANに接続して、通信量を抑える努力もしています。それでも2GBは少し越えてしまいます。

ドコモ、ソフトバンクが2GBの次に5GBを提供するのはトリックがあるんですね。2GBではちょっと足りないけど、5GBもいらないってことなるんですよ。3GBを用意すると大多数がそこに収まるから、用意しないんです。あえて、2GBの次は5GBと間を空けて料金をプランを作成し、5GBを契約させて搾取してやろう、もしくは追加データ量で課金してやろうと言う戦略が垣間見えます。そう考えると大手3社で3GBを用意しているauは良心的ですね。ただし、それでも月額7,800円程度と決して安くはありませんが。

 

メリット

①月々の支払額が減る事

基本的に分割現金払いのようなローンは毎月の負担が増えるので嫌いです。端末代金は一括で支払い、月々の支出を少なくする方が家計の負担が減少します。損益分岐点は2年目に訪れますが、どのプラン、どの機種を選択しようと2年後には確実に端末代金の回収+大幅な節約は可能です。

②2年契約に縛られない

大手3社の契約には必ず、2年契約の縛りがあります。現在、2年契約後の解約の矛盾については総務省を含めて議論をされております。一方、MVNO事業者はこのような長期契約の縛りはなく、あっても数ヶ月で違約金も非常に小額だったります。

③SIMフリーな端末

アップルストアで購入するiPhoneはSIMフリーであるため、どの携帯事業者の電波も使えます。国内に限らず、海外旅行の際にも渡航先でプリペイドSIMを購入して利用する事が出来ます。

 

デメリット

①音声定額はない

MVNO事業者のプランに音声定額はありません。通話料金は従量制となっており、20円/30秒となっております。FaceTimeオーディオ、LINE電話、楽天でんわ等を駆使して節約しましょう。

②携帯メールアドレスががない

@docomo.ne.jp、@softbank.jp、@ezweb.ne.jpのような携帯メールアドレスはありません。LINEなどのアプリによるメッセージ交換が主流となった昨今ではさほど大きな問題にも見えませんが。

③実店舗がない

基本的にはオンライン手続となっているため、実店舗は存在しません。IIJmioなどはビックカメラと提携してビックカメラで契約受付を行ってはいますが、サポートに関しては基本電話かオンラインとなります。

 

さて、以上をふまえてご自身の利用用途に合わせて、キャリア変更を考慮してみてはいかがでしょうか?

Category: b-mobile, iPhone, MVNO

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *