【要注意】ソフトバンク、アメリカ放題の罠

| 2014年9月18日 | 0 Comments

米国の携帯事業者であるスプリントを買収したソフトバンクが遂に親会社の強みを発揮する策を提案してきました。

その名も「アメリカ放題」

アメリカ本土でもハワイでも通話はもちろんデータ通信も月額980円で利用可能との事。しかもキャンペーン中はなんと無料。キャンペーンの期間は不明ですが、キャンペーン終了後もネットし放題で5GB以上の契約をしているユーザはずっと無料らしい。

ついに国境のない携帯電話サービスが始まる

と言いたい所なのですが、注意事項があります。

 

iPhone6とiPhone6 Plusのみ

アメリカ放題に加入出来る端末はiPhone6かiPhone6 Plusのみです。

 

スプリントのエリアカバーは4強で最弱

そして、スプリントはアメリカの携帯事業者の中では第3位のシェアに位置しますが、1位のベライゾン(Verizon)、2位のAT&Tに大きく溝を空けられており、4位のTモバイルに猛烈に追い上げられていて、いつ追い抜かれてもおかしくない状況です。なぜにそんなに危機なのかと言うと電波の入りが悪いから。アメリカのような広大な国で電波の入りが悪いって言うのがどの程度酷いのか知りませんが、悪評が出るくらいだからよほどでしょう。先日までTモバイル買収の件でギリギリまで議論していたこともあって、電波改善作業はやっと始まったぐらいとか。

 

つまり他社のローミングに乗っちゃう可能性大

つまり、せっかくiPhone6、iPhone6 Plusをもってアメリカに言ってもスプリントが圏外のエリアだと勝手にVerizonやAT&Tの国際ローミングに乗っちゃう可能性が大きいんです。これはすごい危ないですね。無料だから大丈夫と3G/4G LTEの電波をオンにしていたら、実はVerizonやAT&Tの電波拾っていて、帰国したらすんごい課金されてたとか (ー_ー;)

 

キャリア選択は手動に!

そんな危険な罠を避けるためにiPhoneの設定を変更しましょう。「設定>キャリア」へ行くと「自動」がオンになっていると思います。この設定を「オフ」にすれば勝手に他のキャリアの国際ローミングに乗る事はないので、設定は「オフ」にしておきましょう!日本国内ではソフトバンク、アメリカに着いたらスプリントを手動で選択するようにしましょう!

Category: iPhone

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *