Apple Watchがとても残念な件

| 2015年3月23日 | 0 Comments

先日のアップルのイベントでApple Watchの詳細が発表されました。4月10日から店頭展示、予約が始まり、4月24日に発売されるそうです。価格は42,800円から218万円とかなりの振れ幅があります。

現時点で時計をガジェットにするのは無理があるようですね。様々なことを犠牲にした上でもバッテリー持続時間が最大18時間です。バッテリーが切れて画面が真っ暗になったらもはやそれは時計ではありません。

様々な事を犠牲にしたとありますが、私としては致命的だったのはGPSの機能がないことです。GPS機能が搭載されていないため、Apple Watch単独ではスポーツウォッチとしては機能しません。Apple Watchをガジェットとして利用するには必ずiPhoneを携帯して連携する必要があります。

私も日頃からランニングをするのですが、iPhone5sを持参しRuntasticを利用して自分のランニングを計測、記録しています。問題は長距離を走る上でiPhone5sを持参するのが邪魔であるのと、バッテリーの消耗が激しいことです。iPhone5sを持参してランニングする場合、上腕にベルトを取り付けるか、ウエストポーチ等に収納するかになります。つまり、走りながら目視でペースを確認することができません。基本的には音声案内に頼ることになります。また、ハーフマラソンぐらい走るとバッテリーがジリ貧になります。iPhone5sぐらいならまだ携帯できますが、iPhone6、iPhone6 Plusとなるとランニングに持参するにはかなり邪魔なんではないでしょうか。それが理由では実は買い換えていません。

すでにGarminPolarから発売されているGPS搭載のスポーツウォッチが当然選択肢としてあるのですが、これらをRuntasticと連携させるのはやや手間がかかります。そこで新たに発売されるApple Watchに大きな期待を寄せていました。Apple WatchであればiPhoneのアプリに互換性があり、Apple Watch単独でRuntasticが利用できたら便利だなと。。。

しかし、残念ながら、Apple Watchは単体では使い者になりません。単に持ち物が増えただけとなります。iPhoneと連携するあたり、iPhoneのバッテリーの消費が早くなるかもしれません。加えてスポーツウォッチにも関わらず防水機能はなく、生活防水程度です。夏場の汗、もしくは雷雨などで故障する可能性は否定できません。

 

餅は餅屋

仮に200万円のApple Watchをしていても、そこになんの満足感はないでしょう。200万円払うならば、ロレックス、オメガ、パテックフィリップ、ウブロ、カルティエなど買った方が正解だと思います。餅は餅屋。時計は時計ブランドを買いましょう。スポーツウォッチですら、Apple Watchスポーツエディションの半額でGarminPolarSUUNTOなど購入できます。

アップルには腕時計よりも早くテレビを変えてもらいたいですね。

Category: iPhone

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *