iPhone を海外旅行へ持っていくときの注意

| 2009年12月3日 | 0 Comments

iPhone を海外旅行に持っていくとその便利さを改めて知るのですが、ここで注意しなくてはいけないのが、自己防衛をしないと飛んでもない高額なパケット代の請求が後々に届きます。

※ 海外での利用はパケット定額の対象外です。

海外旅行に行く際は以下の設定を忘れずに。

設定 > ネットワーク より、「3Gを有効にする」を「オフ」にすることと、データローミングを「オフ」にすることです。この2点を抑えれば、高額請求に泣かされることはありません。

※私のiPhoneは英語使用となっております。

ちなみにこれをしていても、ソフトバンクや現地キャリアから、海外での利用方法と題してSMSが届きます。もちろん、そのSMSは請求されませんのでご安心を。

海外旅行中は原則として機内モードにオンにすること。無線LANは無線LANのみをONにして利用するというのがバッテリーにも優しい利用方法です。電波を探すと行為はバッテリーを著しく消費させます。

機内にいるときは、離陸・着陸の際は電源を切る。それ以外は機内モードをONにして利用OKです。

Category: iPhone

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *