【悲報】wi2 300 改悪だから解約だ!

| 2014年9月13日 | 0 Comments

MVNOのb-mobileにしてから通信量を抑えるため、出来る限り公共の場ではwi2 300の無線LANのアクセスポイントを利用してきました。また、MVNO導入当初は通信速度が遅かったので、随分と助けられてきました。様々な飲食店にもアクセスポイントが設置されており、都市部の駅近辺では本当に快適に利用出来るので月額380円を考えればそれなりに重宝していると思っています。

ところが先日カスタマーサービスからこんなメールが届きました。

さて、2014年10月1日をもちまして終了となる「Wi2プレミアムお試しキャンペーン」(※注)では、
たくさんのお客様にオプションエリアをお試しいただき、ご好評をいただきました。
キャンペーン終了後、引き続き、このオプションエリア(SSID:Wi2premium、Wi2premium_club)を
ご利用いただけるよう新たなメニューをご用意いたします。

SSID: Wi2premium、Wi2premium_clubがオプションエリアでお試しキャンペーン中だったのは寝耳に水。10月1日以降は月額プラン内では使えなくなるらしい。利用する場合は都度課金となります。私がWi2 300を利用している限り、接続するSSIDはこの2つだけです。以下のように月額プランにはいくつかのSSIDが用意されていますが、Wi2 300が提供するWi2、Wi2_clubははっきり言って見かけた事がありません。かつては4つのSSIDが同時に出てくる事がありましたが、今はほとんどありません。

ソフトバンク提供のmobilepointはよく見かけますが、これだけならば、Yahooプレミアムアカウントがあれば、200円で契約出来ます。UQ_Wi-Fiはまともにログイン出来た試しがありません。wifi_squareに限っては今調べて初めて知ったぐらい。

 

wi2_SSID

つまり、オプションエリアが使えなくなると言う事は月額プランの380円は極めて無意味になること間違いなし。そして、そのオプションエリアも月に追加で100円ぐらいとかで使えればまだ考えたのですが、何と時間制です。駅の電車の待ち時間とかで1時間のチケット買った所で、待ち時間の数分使って、電車のって目的地に着いたら時間チケットが失効とかしてたらばからしいですよね。マクドナルドとかで同じ場所に長居する事にを前提にしたプランを提供するのに何で長居する事がないであろう主要駅にアクセスポイントを設置したのでしょうか。やっていることと、提供するサービスの矛盾が酷いです。

そんなことで酷い改悪なんで10月1日前に解約予定。

Category: MVNO, wi2 300

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *