香港の夜景 – 九龍フェリー港(尖沙咀)より

| 2013年5月12日 | 0 Comments

春から夏にかけて滅多に晴れる事のない香港。梅雨みたいな季節であることもそうなのですが、中国からの大気汚染のためかわかりませんが、空気が基本的に淀んでいます。上空は常に霧がかっているような感じでなかなか綺麗な景色を見る事はありません。

今回は空気は淀んでいましたが、珍しく晴れていたので九龍のフェリーターミナルからみた香港島を撮影してみました。ここから香港島のビル群によるライトアップのショーが見えるため、毎晩8時頃になると人混みであふれます。写真を撮影したい人は遅くとも7時半ぐらいには場所を押さえた方が良いです。

EOS6D 17-40mm ISO100 F16 25″

1階と2階展望デッキで撮影可能ですが、それぞれ善し悪しがあります。

2階展望デッキは人混みがすごい上、歩く人で地面が振動しており、水準器を見ても静止することはありません。長くシャッターを開くと必ずぶれてます。ただし、前を横切る船に視界を邪魔される事はありませんし、比較的写真撮影スポットを多く見つける事ができます。

1階は2階展望デッキと違い、地に面しているため、人が歩く振動で揺れるような事はほとんどないですが、船が頻繁に目の前を横切って視界を遮るのと、撮影ポイントが少ない事です。

三脚をたてて場所を確保しても、中国人観光客(人と人との距離感を気にしません。)はガンガン攻めてポジションの横取りをしてくるので、三脚は手すりの前に設置する事をお勧めします。

EOS6D 17-40mm ISO100 F16 25″

夜7時ぐらいに1階で場所を確保して、ショーが始まるまでひたすらテスト撮影してました。空気が澄んでいたら、丘上にあるマンション群の明かりも見えるのでしょうか。。。2枚目に青く光っているのがサムソンの看板なのですが、この看板だけやたらと光が強いため、色が飛びます。迷惑な看板です。

Category: 旅行, 香港

About the Author ()

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *